PC版

検査・健診のご案内

超音波検査

胃内視鏡検査とは

超音波検査(エコー検査)とは、体の表面から人の耳には聞こえない高い周波数の音を当て、体内の組織に当たってはね返ってきたエコーを画像に映し出す検査です。

検査する場所にゼリーを付け、プローブという超音波を出す器具を当てて検査し、臓器の動きや大きさ・血流の流れを映し出し、計測することができます。

検査時間は約15~20分で、副作用もなく安全で痛みもないので、繰り返し検査することが可能です。
診察の結果、超音波検査が必要な場合は、その場で検査を行います。

当院では、医師が心臓・腹部・表在(頸部・四肢など)の超音波検査を行っています。

検査日検査部位
月曜日午前腹部
(泌尿器科領域)
木曜日午前心臓・表在
午後心臓・表在・腹部
金曜日午前腹部
午後腹部
(泌尿器科領域を含む)

MENU