PC版

検査・健診のご案内

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

胃内視鏡検査とは

胃内視鏡検査は、大人の小指ほどの太さのスコープを口から挿入して行う検査です。
食道・胃・十二指腸の状態を内蔵されているカメラでモニター観察し、必要に応じて組織検査(生検)を行うことで、疾患の診断や病態の把握をすることができます。
※一般的に普及されている検査で、当院では熟練した経験のある医師が行っています。検査ご希望の場合は安心して内科外来を受診しご相談ください。

検査までの流れ

・当院では、緊急時を除き予約での胃内視鏡検査を行っています。内科外来を受診していただき、検査日をご相談の上予約していただきます。

・感染予防対策として、検査予定日前に感染症検査(血液検査)を行わせていただきます。

・看護師が検査についてのご説明をさせていただき、予約用紙をお渡しします。

※検査日:木曜日(午後診療時間内)
     金曜日(午前・午後診療時間内)

※察時、医師にお伝えください!

  • 今までに緑内障・心臓の病気・前立腺肥大(男性の方)・糖尿病と診断されたことのある方
  • 現在治療中の方
  • 血液をサラサラにするお薬を内服中の方

検査前日から当日までのお願い

・検査当日は予定時間の10分前にご来院いただき、内科外来受付に診察券をお入れください。

・検査予定日前日午後9時以降は何も食べないようにしてください。

・検査当日の朝から検査が終わり、医師の指示があるまでは水分はとらないようにしてください。

・検査は横向きに寝ていただき行います。
体を締め付けない楽な服装でご来院ください。

※検査予定日のご都合が悪くなった際・検査予定日の変更については、病院にご連絡ください。

※ご不明な点はお気軽に外来看護師にお声かけください。

MENU